×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心霊現象 (しんれいげんしょう) とは超常現象のうちで、とりわけ霊魂が起こしているかのように見えるものをいう。逆の言い方をするなら、心霊を研究する立場から、「超常現象」の中で霊が介在していると推測される現象を限定的にそう呼ぶことが多い。

最も、分かりやすいものは、「霊的存在の目撃談」や、「そういった存在が引き起こしたとされる諸現象や祟りなどの経験談」といったものの内容に含まれる情報である。しかし、これらは経験者(同時に複数の場合もある)の主観に基づく経験談がほとんどで、自己暗示、集団催眠、錯覚などの勘違いの例も多く、興味本位でその情報を公開する限りは怪談や怪異譚の範囲を出ない。

一般に、生きている人間が目に見えない霊的存在にとり憑かれる、あるいは霊的存在に体内に入り込まれるとされる現象を、憑依(ひょうい)現象という。(単に「憑依」とする場合も多い。)その結果、入り込まれた者の性格や態度が急変したり、体調に異変が起こり、事故に遭い易くなり、怪我が多くなる場合もあるとされる。 これらは、憑依されたとする者の主観的経験や親告、一般的に霊能者と呼ばれる者の主観的判断や主張に拠るところがほとんどのため、研究対象として客観的証拠が乏しいなどの欠点があり、単なる思い込み、一種のヒステリー状態やノイローゼ、催眠術や自己暗示などとの見分けもつきづらい。

その他、心霊を研究する立場から研究対象とされている各種の不思議現象を含めてこう呼ぶこともあり、物理化現象と呼ばれることも多い以下、代表的な現象を数例挙げる。

ここで挙げた霊的存在の介在により、手を触れずに物体が動き、建物の振動などが起こるとされる、ポルターガイスト(騒霊)現象。
誰も存在しない場所や空間から何がしかの音が聞こえてくるとされるラップ現象。
客観的に誰の目でも確認すべく霊などの姿を視覚化させたり、霊の存在を客観的に証明できうる物証を残すことを、一般に物質化現象
などである。

神仏や霊の姿、その存在を示す現象などが写りこんだ写真を心霊写真と呼ぶが、これも心霊現象に含められることが多い。

心霊に対する真の研究者の多くは営利目的ではないため、その全てを肯定するわけではなく、錯覚やインチキなどの諸条件を排除した上で、それらの体験談や物証、第三者の証言などに基づいて、また、時には様々な装置も用いて適正な判断を下すことを理想とするとされる。しかし、そういったことで得られた研究結果が現在の科学のフィールドで認知されることは、ほとんどない。科学の立場では考えられうる限りの合理的理由付けをし、心霊の立場では従来の方法では計測不可能であるために、認知されないという立場とで双方は対立する。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Links ご当地キューピー&コスプレキューピーWEB情報局/ しょなのミニミニ動物記 /みっき☆の日々ノート/きょんの不思議探検隊 /産後ダイエット/夕暮れ時のかわら版/ドラ猫コテツのニュースな速報!/これなら稼げるパチンコ&パチスロ/